インドネシアで使い捨てビニール袋を禁止していた10都市

15/03/2021

インドネシアで使い捨てビニール袋を禁止していた10都市

ジャカルタは2020年7月1日使い捨てビニール袋の禁止を正式に宣言する前に、以下の10都市がすでに禁止した。得にスーパー、食料品店、伝統的な市場でビニール袋の使いを減ることが公式運動としてである。

  • バンジャルマシンは2016年3月からアジア太平洋とアジアで初めて使い捨てビニール袋を禁止していた。
  • バリクパパンは東ボルネオにある。2018年7月から使い捨てビニール袋の禁止を始まって、プラスチック廃棄物の削減を成功すると主張した。
  • ジャンビは2019年1月から小売店で使い捨てビニール袋を禁止始まる。
  • ボゴルが2018年12月1日からスーパーで使い捨てビニール袋を禁止始まる。
  • ジャヤプラは2019年2月1日から公式に使い捨てビニール袋を禁止して、客様が自分のエコバッグを持つことを命令した。
  • バリは2018年97番の知事の規則に基づいて2018年12月から使い捨てビニール袋を減て、2019年7月に規則が公式に有効した。
  • ボンタングは2019年1月から減るために、スーパーで使い捨てビニール袋を禁止することを公式に発表した。
  • ビャックは2019年6月1日から使い捨てビニール袋を減るため、公式に禁止した。
  • ブキット ティンギ
  • フロレス
    • このリストの上は使い捨てビニール袋を禁止した都市だ。sobatYUURbag の皆さんが自分の生活から使い捨てビニール袋を禁止して、良い未来のためにエコバッグを使うことをしましょうか?よかったら、エコフレンドリーブランドというYUURbag使おう。6本ペットボトルから作られて、あなたの好みによってカスタムできる。楽しいエコフレンドリーの買い物経験!

      ソース: cosmopolitan.co.id
カテゴリ : News
この記事を共有する :